放置中の近況報告等など

多分過去記事の中でも最もやる気の無いタイトルになっているでしょう。
さて、完全放置なこのブログですが、その間何をしていたかはTwitterを見ればお判りいただけると思いますが、つい2周ほど前から「Minecraft」にハマってしまいまして、それを機会にPC入力環境などを一新いたしました。

俗に言う「ゲーミングデバイス」ってのにしてみました。

ですが、買いそろえたのはAmazonで激安の中華なんちゃってゲーミングデバイスばかりです。流石に本格的なモノを揃えるならPCごと組み直しますわ。

マウスはAmazon購入時約1600円の無駄に光るゲーミングマウス。

使い心地は普通にマウス。可も無く不可も無く。

キーボードもAmazon購入時3800円くらいのマウスと同じメーカー?らしいキーボード。

これに関しては結構当たり引いた感じ。メカニカルスイッチの青軸と言う事だが、実は純正品じゃ無く互換品だったりするけど打ち心地はしっかりしてる。構造も確り作り込まれていて安定した重さもあって使いやすい。純正品じゃ無いとはいえ規格は青軸と同じなのでキートップも交換出来るし多分スイッチ自体交換も出来る。なんちゃってデバイスなのだけど普通に使う分には超当たりくじ。

ついでにマウスパッドも大判のゲーミング何たらっぽいの購入した。これは消耗品と考えてるので一番お安いのを探してみたが、これまた意外とちゃんとした作りで満足度高い。

もうこうなったらついでだから!と、ゲーミングヘッドセットも買ってみた。

これに関しては使う分には問題ない。音質も悪くないしマイクも良好、ただし重い。長時間の使用だと肩がこる。ゲーミングメーカーのヘッドセットは1万円前後から数万円のモノが多いが、店頭で付けてみると軽いのだ。ここら辺の差が価格の違いなんだろうなぁ。

ざっとこんなモノを購入しマイクラを楽しんでますが、いやぁここまでハマるとは思ってなかったwww


タミヤのエアーコンプレッサー「スプレーワーク HGコンプレッサー レボ II」を買ったので防音対策をしてみる。【その1】

2016-11-09-22-39-02

趣味としての模型作り最大級の投資になるのは恐らく「エアーコンプレッサー」辺りかと思うのですが、今まで「プチコンキュート」と言う静音性はピカイチで1/144位のガンプラなら十分使えるクレオスのコンプレッサーを使っていました。ですが、やはり風量・風圧が低いのがネックでして、そこに物欲も重なり「アマゾン」を見てたらスプレーワーク HGコンプレッサー レボ II が14400円程で売っていたので購入しちゃいました。

パッケージには「音の静かな体作動音設計、夜間の作業にも安心!」と書いてまして、タミヤ公式サイト「スプレーワーク HGコンプレッサー レボ II
」を見てみると作動音は「56db」となってます。

集合マンション住まいとして、そしてどうしても夜間に動かす機会が多いであろう自分としては動作音ってのは気になるところでして、色々調べてみるとかなり大まかな感じで「40~60db」ってのは生活音になるようです。なのでレボ2の動作音も基準内と考えても良さそうですが、やはり静かに超した事はない。

参考>マンションの騒音はどこまで許されるのか [マンション物件選びのポイント] All About

そこで実際動作音はどうなのか?測ってみました。測定目安にはスマートフォンのアプリ「SoundMeter」を使用してます。

2016-11-12-13-04-21
時間帯は土曜の夜22時から23時、平常時はだいたい測定値20db 前後。これが基準となります。

2016-11-12-13-06-13
レボ2電源ON待機状態で30dbくらい

2016-11-12-13-10-27
エアー吹き付け時、43db 前後 「ぶおぉーーん」って表現で良いのか?低めのモーター音的な作動音が響きます。

2016-11-13-00-02-22
そこで、騒音対策に段ボールを加工し、その中にコンプレッサーを入れてみました。

2016-11-13-00-03-08
中の構成は側面はメラニンスポンジ、これは意外と消音効果が高い事が「オーディオスピーカーの内部材」や「エアガンのサイレンサー」で証明されてるそうで、近所の100均で入手しやすい事もあり採用。
取り急ぎ購入した分だけなので主に側面のみ、底には振動の吸収目的でレボ2に付いてきた防振マット敷いて、本体とマットの間「足」代わりに100均で売ってる耐震用の青いゴム状のアレ(名称解らず)を挟んでみました。蓋となる上部は余ったメラニンスポンジ乗せた程度です。

で、その結果は・・・

2016-11-12-13-03-40
電源ON、待機状態で27db 前後。やや効果あり。

2016-11-12-13-03-58
エアー吹き出し状態では39~41db 数値的には「やや」効果あり。

ですが実際、体感的にはそんなに変わりません。

そもそも平時にテレビつけてると大体測定値は40db 前後ですから、そう考えるとまぁ「騒音」と言うほどじゃないのかもしれません。
ですが、低い音ってのは大きく感じるもので、マンションのお隣さんの迷惑になる可能性も十分あるので、今後も改良をしていこうと思います。


「名古屋モノづくりフェスタ5」に行ってきた。

2016-10-23-12-00-43

先日、名古屋で開催されていた「名古屋モノづくりフェスタ」を見に行ってきました。

【NaGoMo ナゴモ】名古屋モノづくりフェスタ5

 

東海圏内の模型サークルさんが多数参加してました。

2016-10-23-12-33-21

2016-10-23-12-34-28

2016-10-23-12-58-20

2016-10-23-13-02-11

2016-10-23-13-03-11

2016-10-23-13-04-22

他にもサークルさんありましたが写真全部撮れなかった。

各模型誌などで活躍されてるプロの方、コンテスト入賞作品も多数生で見れました。

2016-10-23-12-37-13

2016-10-23-12-37-16

2016-10-23-12-38-08

2016-10-23-12-38-13

2016-10-23-12-41-15

2016-10-23-12-41-06

2016-10-23-12-42-01

2016-10-23-12-41-54

2016-10-23-12-35-53

2016-10-23-12-35-58

中でも大スケールモデルと言いますか、ドドンと鎮座委していたドーラは圧巻でした。

2016-10-23-13-15-19

2016-10-23-12-39-51

 

どれくらいのサイズかというと ↓

 

2016-10-23-12-38-44

中の作り込みももう凄かった。

2016-10-23-13-15-27

2016-10-23-13-15-32

2016-10-23-13-15-38

2016-10-23-12-39-18

他にも多数の作品があったのですが、どの作品もため息が出るくらい凄いものばかりで夢中になってしまいました。とりあえず簡単に写真上げてみましたが、ホントに良い勉強の場になった、他の写真は展示会とはいえ個人様の作品の写真を上げても良いものなのか?判断に悩んだので有名な方の作品のみBlogに上げてみました。そのうち上げられる機会があればUPしたいところです。

 

 

 


気がつけば半年

気がつけば2016年もはや半年過ぎようとしている。
Blog更新は久しいですが、Twitterの方で何やってたか逐一書いているので、まぁ詳しくは後日まとめるとし、さわりだけ簡単に書いておく。

2016-05-05 00.10.00

まぁ「RE/100 イフリート改」作ってみたり

2016-05-22 03.35.10

こんなの作ってエアブラシ塗装再開してみたり

2016-05-29 16.15.51

まぁ、再開したって言ってもまだこれくらいまでしか出来てませんけど。

そんなわけで、少なくとも自作塗装ブースに関しては色々作って勉強にもなったので、紹介がてら後日ちゃんとBlogの方に記事を書く予定です。


模型、塗料・溶剤関係の瓶高さ

Twitterで知った「模型沼通信」をヴェーしてきて読んで、塗料・溶剤をいい加減に整理しようと思い立った。
2016-03-27 01.19.48

塗料・溶剤の瓶ってサイズ高さがまちまちで色々使ってると揃えにくく整理しにくい。

そこで、手元にある物を測ってみた。ホントかなり大雑把な測り方なので誤差は前後3ミリくらい見てる、あくまで大体の目安。
本来ミリ表示の方が良いのだろうけど、測った目的が塗料や溶剤のケース探しだったのであえて目安ということでセンチ表示。

ファレホ、7.8センチ

Mrカラー(10ml)、4センチ
MrカラーGX&スペアボトル(18ml)、5センチ
MrスペアボトルL(40lm)、4.7センチ
Mrスペアボトル(特大)オーバーサイズ80(60メモリ)、8.9センチ

タミヤエナメル塗料、5.1センチ
タミヤアクリルカラー、4.4センチ
タミヤスペアボトル40ミリ、7.6センチ

ガイアサフ50ミリ、8センチ
ガイアカラー、5.8センチ

セメダイン接着剤、8.8センチ

Mrセメント、8センチ
MrセメントS(角瓶)7.8センチ

タミヤセメント(角瓶)6.5センチ

Mrサーフェイサー1200スプレー、15センチ
Mrトップコートスプレー、10.5センチ
Mrカラー新溶媒液、250ミリ、13.5センチ

ガイアカラー薄め液500ミリ、16.9センチ
ガイアカラー薄め液250ミリ、13.3センチ
ガイアカラー薄め液1000ミリ、20センチ

とりあえず上記分を目安に今後塗料・溶剤瓶の整理整頓をしていこうと思う。