色々といろいろと

先月はもう仕事がクソ忙しくてBlogの事、完全に忘れてました。

それについては愚痴と批判にしかならないので、そのうち物語的に語るとして(語るのかよ)、まぁ忙しい故に色々買い物してみたり映画見たりして発散してましたけどね。

書きたいネタは多々あるのです。
ポータブルスピーカーだのイヤフォンだのARIA劇場版だのガルパン劇場版だの時事ネタだの。
でも多忙な時ってインプットばかりでアウトプットできなくなる。

もう少し落ち着いたらまとめて記事にしようとか思ってます。

それと、水木しげる先生のご冥福をお祈りいたします。


【お買い得モバイルバッテリー】Anker PowerCore 10400を買ってみた。

2015-10-18 22.20.25

先日スマートフォンを新調したので、ついでに今回モバイルバッテリーも新調してみました。
購入したのは最近人気の「Anker」製品 「Anker PowerCore 10400」この容量でAmazonでは1990円(50%off)(2015/10/15現在)で売ってるお得なモデルです。
基本的な性能に関しては下記メーカーサイトを御覧ください。
ANKER

では、外観写真を数点

2015-10-18 14.00.39
非常にシンプルな外観

2015-10-18 14.01.40
正面はロゴとインジゲーター(25%刻み)

2015-10-18 14.01.30
上部はインジゲーター確認用のボタン一つ

2015-10-18 14.01.10
機器を接続すれば充電開始、インジゲーター発光

2015-10-18 22.26.55
同じ容量のダンボーモバイルバッテリーとサイズ比較してみます。

2015-10-18 22.27.25
長さはダンボーバッテリーのほうが長いです。差は約2センチ

2015-10-18 22.28.25
厚みもダンボーバッテリーのほうが僅かにあります。

2015-10-18 22.29.40
幅はAnkerの方がありますね。

2015-10-18 22.28.37
両製品とも入出力ポートは片面集中。
ダンボーバッテリーのほうは1Aと2.1Aでポートが分かれています。
Ankerの方は自動判断機能「IQ」とかいうのでケーブル挿せば勝手に判断してくれるそうです。ハイテクです。

2015-10-18 22.35.54
手持ちの「ニンテンドー3DS」ともサイズ比較しておきます。

2015-10-18 22.36.55
以上、簡単な外観レビューでした。

両バッテリーともAmazonで買えます。



Anker PowerCore 10400に関してはAmazon(Ankerダイレクト)の価格が一番安いようですね。この容量で1990円ってのはかなりお得。


PlaySIMとXperia J1 Compact を1週間使ってみて

2015-09-28 22.07.37

格安SIM利用ということで、1周間使ってみた利用状況を記しておきます。(あくまで個人的利用の範囲内ですので、参考にはならないと思いますがw)
まず、1日辺り高速回線を140MB使えるPlaySIMですが、1週間(9月21日から27日まで)で総計540MBの利用、最大で1日132MBで速度規制には至っておりません。
使い方ですがアプリのインストールや更新は完全に全部Wi-Fiでの更新。それ以外は通勤時にTwitterやメール、簡単な調べ物などのWEB観覧、暇つぶしにゲームを数種やる程度の使い方で、動画も1分前後の物を少し見る程度。

休日は主に名古屋市内で過ごしていますので手持ちのWiMAX2を使ってました。電波がスポット的に入らない事以外はWiMAX2の方が速度も出て無制限利用できるので便利です。(直近3日で3GB制限があるとかないとかですが)

通信速度的には個人的に不都合がない程度のレベル。回線が重く繋がらなくてストレスを感じる事は無く、まぁ数回「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」の起動とライブデータのやり取りでエラー出たくらいです。その時は地下鉄移動中だったのも原因でしょうけど。

余程ハードな利用をする人じゃなければ意外と使い勝手が良いかもしれませんね。(その使い方の線引きが難しいとこですが)

ハードの方、「Xperia J1 Compact」の方ですが、先の写真のような姿になりました。ガラスフィルムにアルミ製のダンパー、アルミ製のイヤフォンキャップ、背面は保護フィルムを貼り、落下防止にリングストラップを付けました。多分これで完璧形態?

2015-09-28 22.50.30

2015-09-28 22.08.48

2015-09-28 22.08.13

最近のXperiaは「マグネット充電端子」が付いていて個人的にはすごく便利に使っています。防水の為にMicroUSB端子にもキャップが付いている為の策なのでしょう、次期XperiaZ5系はキャップレス防水になるのでマグネット充電端子は付いていないようです。

2015-09-28 22.50.43

 ちなみに購入時は付属のクレードルのみマグネット充電端子利用ができ、ケーブルは普通のMicroUSBケーブルのみ付属なので、マグネット充電端子のケーブルは別途購入です。このマグネット端子ケーブルが大須には意外と置いてなくて困りました。これはAmazonで買った方が種類豊富で確実です。

 ハード的なスペックは一応1世代前相当の立ち位置なのですが、全然不都合なく余裕で使え不満はありません。使ってみてソニーらしい部分と言うか、スピーカーの音量が思った以上に大きい事に気が付きました。発熱も当然若干熱くはなりますが持っていて不快にならない範囲(個人的に)。

 バッテリー消費に関してはライフログアプリ(プリインストールソニー製)を使っているので常にGPSはオンですし、特に省エネ設定的な行為はしてませんが丸っと1日は余裕で動いてます。それにXperiaの独自機能「SUTAMINAモード」と「低バッテリーモード」を上手く使えば更に長く使えそうです。ですので、今のところ極端に省エネ設定は弄ってません。

 内部ストレージは16GBですが利用可能なのは11GB、現在アプリなどで5GBほど使ってます。よく見たら「バトルガールハイスクール」というゲームが800MBも使ってますね・・・あまり遊んでないし後で削除しますw 
音楽データや画像データで1GBほど使ってますが、これはSDカードへ転送して利用すれば良さそうですので、アプリのインストール数だけ気にしていれば16GBでも十分やっていけそうです。(SDカードなしのGalaxy Nexus16GBでも使いきってなかったので余裕ですw)

 あと、さすがソニー製ですのでnasneとの連動はバッチリです(これが目的の一つなので大満足)ww

簡単に1周間使ってみた感想を書いてみたのですが、格安SIMも「Xperia J1 Compact」も十分満足できる内容なので、今後不満が出るまでは楽しく使えそうで安心してます。
このワンランク上の環境が欲しい人は格安SIMやそういったサービスが販売している端末よりも、キャリアのサービスと最新の端末を購入するべきですね、機種に関してはスペック的に最新機種で2年は十分使えるでしょう。ちょっと前のように1年ちょっとで不満が出るスペックではないですね。回線に関してはキャリアの価格に不満があっても、最高速度はキャリアが一番ですし安心感も格安SIMより断然上で、ある意味価格相応のサービスなのかもしれませんね、キャリアって。でも高いな。


格安SIM「So-net PlaySIM」を3日間使ってみて。

とりあえず3日間PlaySIMを使ってみた感想を簡単に書いておく。

1日140MBまで高速通信なのだけど、自分の使い方だと初日83MB、二日目98MB、三日目132MBと140MBは超えず。
使い方は主に仕事への出勤時と退勤時にTwitter、メールチェック、RSSチェック、LINEでの通信、ゲーム数種類、webで調べ物。昼休みと15時休憩にTwitter観覧とメールチャックにゲームへログイン。
三日目はRSSチェック中に短い動画を2本程見たのとTumblrチェックして画像データ多めだったので容量ギリギリまでいった。
テキストベースのサービスメインなら多分100MB行かないだろうと思われる。

通信速度は実測はPINGは40~60で、DL0.15~3Mbps(計測は時間ランダムに5回)で実用可能なレベル。UPは1~15Mbps、体感速度として不満はないが、極稀にゲームで通信エラー吐く時があった。そのうち正確にベンチマークを各時間帯で取ってみたいがそれは後回しで。

自分の使い方では全然不満が出ないレベル。数値だけ見ると最大150Mbpsでる回線で1桁以下なのでアレに見えるけど、動画など見なければ全然大丈夫。今後の使い方で不満が出るかもしれないがその時はその時で考える。