「名古屋モノづくりフェスタ5」に行ってきた。

2016-10-23-12-00-43

先日、名古屋で開催されていた「名古屋モノづくりフェスタ」を見に行ってきました。

【NaGoMo ナゴモ】名古屋モノづくりフェスタ5

 

東海圏内の模型サークルさんが多数参加してました。

2016-10-23-12-33-21

2016-10-23-12-34-28

2016-10-23-12-58-20

2016-10-23-13-02-11

2016-10-23-13-03-11

2016-10-23-13-04-22

他にもサークルさんありましたが写真全部撮れなかった。

各模型誌などで活躍されてるプロの方、コンテスト入賞作品も多数生で見れました。

2016-10-23-12-37-13

2016-10-23-12-37-16

2016-10-23-12-38-08

2016-10-23-12-38-13

2016-10-23-12-41-15

2016-10-23-12-41-06

2016-10-23-12-42-01

2016-10-23-12-41-54

2016-10-23-12-35-53

2016-10-23-12-35-58

中でも大スケールモデルと言いますか、ドドンと鎮座委していたドーラは圧巻でした。

2016-10-23-13-15-19

2016-10-23-12-39-51

 

どれくらいのサイズかというと ↓

 

2016-10-23-12-38-44

中の作り込みももう凄かった。

2016-10-23-13-15-27

2016-10-23-13-15-32

2016-10-23-13-15-38

2016-10-23-12-39-18

他にも多数の作品があったのですが、どの作品もため息が出るくらい凄いものばかりで夢中になってしまいました。とりあえず簡単に写真上げてみましたが、ホントに良い勉強の場になった、他の写真は展示会とはいえ個人様の作品の写真を上げても良いものなのか?判断に悩んだので有名な方の作品のみBlogに上げてみました。そのうち上げられる機会があればUPしたいところです。

 

 

 


今、欲しい物を考えてみる。

人間、特に現代社会において、活動力の源になることってのは「食欲」「性欲」「睡眠欲」の三大欲求の他に「物欲」というものがあって、それは戦後の日本において消費的社会構築の為に大手広告会社が必死になって心理誘導をし培ってきた社会的欲求なんだろうなとかなんとか、無駄に考えつつ自分の欲しい物って今何があるんだろうか?

30歳も後半になり、若い頃に比べて物欲が減った。正確に言えば、実用レベルの水準が安定したおかげ様でデジタルガジェットであれ何であれ買い換えたいという欲求が減ったんだろう。

そんな中でキングジム「ポメラD200」あたりは物欲を無駄に刺激する。
個人的に追い求めていたテキストを入力するシンプルな機械がそこにあるのだ。しかも実用に耐えうる妥協のない性能のそれである。そしてそれは今住んでいる部屋の家賃より高いのである、まぁ買えないわ。

Twitterに先日こぼしたが、パソコンのIMEにATOKを再度使ってみようと思い体験版を入れてみた、実際今この記事を書いているのはATOK2016なのだけど、ストレスなく使えている。

古い人間である。過去はPC-9801時代からATOKは使ってきている。近年購入したのは2008と2011、以降はGoogleIMEを使っている。
なぜ?ATOKからGoogleIMEに乗り換えたのか?それはATOKも効率と利便性を追求しコアの変更や色んな機能をどんどん追加していて、マシンパワーに負荷がかかり重くなったり、余計なお世話がうざかったのである。個人的にはちゃんとした日本語をシンプルに変換してくれるだけで十分なのだ。

欲しい物、ポメラってのもシンプルに機能を追求している一品という意味合いで「欲しい」って意味合いが強いのかもしれない。
文章を書くのにカラー表示は特に必要ないモノクロで十分、無駄にネットに繋がらなくていい集中できない。ただしデータのやりとりはネットワーク連携できればありがたい。持ち運びはしやすい方がいい、鞄に入る軽いのがよい、喫茶店などで文章を綴るのは意外と心地がよいものだったりする。過去にカシオCASSIOPEIAやNECモバイルギアで綴っていた時は無駄に楽しさがあった。

Android端末、タブレット+キーボードでも文章入力なんて簡単に何処でも出来る時代ではある。だけれど入力中に着信があったり通知があったり、漢字変換の際に画面をタッチしたりってのが個人的にどうしても駄目なのだ、なのでテキスト入力専用のシンプルなんかが欲しい。常々そういう気持ちがずっとあって、時折それを追い求めている自分が居るのだ。

理想的なのはMS-DOS時代のVZエディタにATOK、それをモバイルギアくらいの端末で運用したい。それを今実現するとネットブック的な端末にATOKとwzエディタもしくはそれっぽいエディタだろうか?などと考えているけど、理想に一番近いのがポメラD200、ただし5万強のお値段である。

ぶっちゃけ、本当に入力するだけなら環境の選択は無限に増えた。だけど付随するかのように誘惑も増えた。多くな誘惑はインターネットだろう、ちょっと捜し物からテキスト入力が止まってしまうのだから困りもの。便利な世の中は誘惑の塊である。故に何度も書くが専用の環境たるポメラD200が欲しいのである。


えらく久しい更新

Blogの方も放置が長くなってきたので更新。
書きたい事は山ほどあるも、Twitterに投げてしまってこちらに投げず終い。

それでも思う処あり、こちらもどうにかして続けていきたいと思う所存。


気がつけば半年

気がつけば2016年もはや半年過ぎようとしている。
Blog更新は久しいですが、Twitterの方で何やってたか逐一書いているので、まぁ詳しくは後日まとめるとし、さわりだけ簡単に書いておく。

2016-05-05 00.10.00

まぁ「RE/100 イフリート改」作ってみたり

2016-05-22 03.35.10

こんなの作ってエアブラシ塗装再開してみたり

2016-05-29 16.15.51

まぁ、再開したって言ってもまだこれくらいまでしか出来てませんけど。

そんなわけで、少なくとも自作塗装ブースに関しては色々作って勉強にもなったので、紹介がてら後日ちゃんとBlogの方に記事を書く予定です。


模型、塗料・溶剤関係の瓶高さ

Twitterで知った「模型沼通信」をヴェーしてきて読んで、塗料・溶剤をいい加減に整理しようと思い立った。
2016-03-27 01.19.48

塗料・溶剤の瓶ってサイズ高さがまちまちで色々使ってると揃えにくく整理しにくい。

そこで、手元にある物を測ってみた。ホントかなり大雑把な測り方なので誤差は前後3ミリくらい見てる、あくまで大体の目安。
本来ミリ表示の方が良いのだろうけど、測った目的が塗料や溶剤のケース探しだったのであえて目安ということでセンチ表示。

ファレホ、7.8センチ

Mrカラー(10ml)、4センチ
MrカラーGX&スペアボトル(18ml)、5センチ
MrスペアボトルL(40lm)、4.7センチ
Mrスペアボトル(特大)オーバーサイズ80(60メモリ)、8.9センチ

タミヤエナメル塗料、5.1センチ
タミヤアクリルカラー、4.4センチ
タミヤスペアボトル40ミリ、7.6センチ

ガイアサフ50ミリ、8センチ
ガイアカラー、5.8センチ

セメダイン接着剤、8.8センチ

Mrセメント、8センチ
MrセメントS(角瓶)7.8センチ

タミヤセメント(角瓶)6.5センチ

Mrサーフェイサー1200スプレー、15センチ
Mrトップコートスプレー、10.5センチ
Mrカラー新溶媒液、250ミリ、13.5センチ

ガイアカラー薄め液500ミリ、16.9センチ
ガイアカラー薄め液250ミリ、13.3センチ
ガイアカラー薄め液1000ミリ、20センチ

とりあえず上記分を目安に今後塗料・溶剤瓶の整理整頓をしていこうと思う。