悪性腫瘍である卵巣がんは、元来、ヒトの身体を癌から保護する役目を担う物質を作り出すための金型のような遺伝子の異常が引き金となり発生してしまう病気だということです。
音楽会やライブなどの開催される場所や踊るためのクラブなどに備えられた巨大なスピーカーの近くで大きな音を浴びて耳が聞こえづらくなってしまうことを「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼んでいます。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、身体の中の脂肪が占めている度合いのことを言い、「体脂肪率=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight)×100」という計算で弾きだせます。
むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えて喫煙する事・酒類・肥満といった生活習慣が変化したこと、ストレスなどにより、最近、日本人に増えつつある病気だということができます。
脚気(かっけ)の症状は、手先や足先が無感覚になったり脚のむくみなどがよく訴えられ、症状が進行すると、最も深刻なケースでは心不全などを招く可能性があるようです。

「肝機能の衰退」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)等3つの数値でモニターできますが、特にここ数年肝機能が減衰している人が徐々に増加傾向にあるということが危険視されています。
いんきんたむしは20~30代の男の人症例が多く、ほぼ股間の辺りだけに拡大し、軽く運動したり、入浴した後など身体が温まった時に猛烈な痒みがあります。
1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に存在しているインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことが原因で、残念なことに膵臓から大半のインスリンが出なくなることによって発病してしまうという糖尿病なのです。
常日頃から肘をついた横向きの状態のままでテレビを眺めていたり、長い時間頬杖をついたり、踵の高い靴などを毎日履いたりということは体の均衡を乱れさせる誘因になります。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、要するにまるい形状をした赤っぽい発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚の病気の総合的な名前で、理由はまさしく多種多彩だといえるでしょう。

「いつも時間に追われている」「気を遣う人との付き合いが嫌でしょうがない」「あらゆる技術や情報の進歩に付いていくことで精一杯」など、ストレスが溜まってしまう要因はみんな違います。
前触れもなく発症する急性腸炎は、大抵は腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌感染による急性腸炎の場合は酷い腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度台の高い発熱が見分けるポイントだといえます。
エイズとはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因のウイルス感染症の病名であって、免疫不全を招き些細な細菌などによる日和見感染や癌等を併発する症候群のことを称しているのです。
生殖器である前立腺はその成長や働きに雄性ホルモンが大きく関連しており、前立腺に発生したガンも同じく、雄性ホルモンに影響されて大きくなります。
グラスファイバーで作られたギプスは、ダメージに強くて重くなくて耐久性に優れており、濡らしても壊れずに使えるという特長があるので、いまのギプスの中でも王道なのは間違いありません。

筋緊張性頭痛は肩凝りや首筋の凝りが素因の最も一般的な慢性頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような激しい痛み」「重くてたまらないような耐え難い頭痛と言い表されることが多いようです。
くも膜下出血(SAH)とは80%以上が「脳動脈瘤」と言われる脳内の血管にできた不必要なコブが破裂してしまう事によって起こる病として知られるようになりました。
通常の場合は骨折を起こさない程の小さな圧力でも、骨の狭いエリアだけに幾度も繰り返していつまでも力が加わってしまうことにより、骨折に至ってしまうことがあるようです。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故のその後の後追い調査のデータから、成人に比べると体の小さな子どものほうが飛散した放射能の深刻なダメージをよく受容することが明らかになります。
基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が動かずにじっとしていても使用するエネルギーのことで、大方を全身の骨格筋・一番大きな臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳が使っているのです。

ブラッシングなどで、人間が動物を可愛らしいと感じることで「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスを和らげたり癒しなどに結びつきます。
アミノ酸の一つであるグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を鈍くしたり突然変異をもたらす悪影響を及ぼす物質を体の内部で無毒化し、肝臓の力を促進する特性が認識されています。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20代~30代の比較的若い男の人に多く、大抵は股間の辺りだけに拡大し、激しく身体を動かしたり、風呂に入った後など身体が温まった時に猛烈な掻痒感が訪れます。
結核への対策は、長年、1951年施行の「結核予防法」に沿って実行されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは違う感染症と同様に「感染症新法」という法律に沿って実行されることに決まったのです。
めまいは出ないのに、長時間続く耳鳴りと難聴の症状のみを数回発症するケースのことを「蝸牛型メニエール(メヌエル)病」という病名で呼ぶ事例が多いようです。

複雑骨折により酷く出血した場合、血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、胸のムカつき、失神などの色々な脳貧血症状が誘引される時もあります。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が切れた約30日後、製薬市場の80%がジェネリック(後発医薬品)に替わるという医薬品もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は世界各国で採用されているのです。
肝臓を健康な状態に維持するには、肝臓の毒素を分解する作用が下がらないようにする、要は、肝臓を老化させない対策を迅速に開始することが必要なのです。
今、比較的若い世代で感染症の一種である結核に抗えるだけの免疫力(抵抗力)を持たない人々の割合が高くなっていることや、早合点のせいで診断が遅れることによる集団感染(アウトブレイク)や院内感染が多くなっているようです。
BMIを算出する式はどこの国でも共通ですが、数値の位置づけは国によってそれぞれ異なっており、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22が標準体重、BMI25以上は肥満、BMI18.5未満を低体重と定めています。

毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、現在までの膨大な研究の成果によって、予防接種の効果を望めるのは、接種日の約2週間後から約5カ月ほどということが明らかになりました。
食事という行動は、次に食べたい物を気軽に口へ入れたら数十回噛んで飲み下して終わりだが、そのあと身体は実にまめに働き続けて食物を体に取り込むよう努めている。
くしゃみや鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロする感覚などの花粉症の辛い症状は、アレルギーを誘引する花粉の放出された量に比例するように深刻化するデータがあるのです。
ピリドキシンには、アミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすのに必要となる重要な回路に入れるためにもう一度分解させるのを促進するという動きもあります。
耳鳴りにも種類があり、本人しか聞こえないような「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように当事者と他の人にも性能の良いマイクロホンなどを利用したりすると聞けるという「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最も患者数の多い中耳炎で子どもに多く発症します。強烈な耳の痛みや38℃以上の熱、鼓膜の腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などの多様な症状がみられます。
お年を召した方や慢性病を持っている人は、極めて肺炎に弱く完治までに時間がかかる傾向が見られるので、予防策の実施や早めの処置が大事です。
今、若い世代で感染症である結核に対抗できる免疫力、すなわち抵抗力を持たない人々の割合が高いことや、自己判断のせいで受診が遅れることが誘因の集団院内感染が増えているようです。
AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって罹患するウイルス感染症の事であり、免疫不全を起こして些細な真菌などが原因の日和見感染や悪性新生物などを発症する病状の事を総称しているのです。
鍼灸の鍼を患部に刺してもらう、という物体的な程よい無数の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスという名の要は電気信号の伝達を招くと考えられているようです。

上が140以上の高血圧になってしまうと、全身の血管に強い負荷がかかった結果、頭頂からつま先まであちらこちらの血管に障害が起こって、合併症を発症してしまう度合いが高まります。
万が一検査で残念ながら卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値を下回っていて早発閉経(POF)だと分かった場合、足りていない分の女性ホルモンを足す処置などで緩和することができます。
めまいは出ないのに、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴を何回も発症するケースを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエル病」という名前で診断することも多いそうです。
食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はグラム陽性球菌であり、大別すると毒の極めて強い黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒素の低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)に分けることができるのです。
今時の病院のオペ室には、手洗い場や器械室、手術準備室(operating preparation room)を備えさせ、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を備え付けるか、そうでなければ近辺にレントゲン用の専門室を設置しておくのが一般的である。