【目玉焼きの黄身】食べ方に出る人生【 いつつぶす?】

 ■ 人生いろいろ、食べ方も色々・・・。

NHKアニメワールド 目玉焼きの黄身 いつつぶす?

 NHKでアニメ化した漫画「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」をみて大変気に入ってしまいKindleで現行3巻まで買い揃えてみました。

注)Kindle版

アニメ化されたのは1巻分と2巻冒頭2話分ですが、2巻以降も実に面白い。

漫画の内容としては、主人公が他人の食事の「食べ方」が自分と違うと言う事に気がついてしまった故に巻き起こるドタバタ物です。読むと「あーあるあるw」と納得してしまうというか、自分も気になってしまうというか、なかなかに楽しめると思います。

注)Kindle版

例えばタイトルにもなっている「目玉焼きの黄身いつつぶす?」朝食に定番の「目玉焼き」の食べ方。作品中の食べ方数種類、どれも「あり」なんですよね。個人的には目玉焼きの食べ方は決まった食べ方をしない派である事を、松屋の朝定食「ソーセージエッグダブル定食」を食して確認しました。

 よく話題になるのは「目玉焼きに何かける?」ってのがありますね。醤油とかソースとかで話が割れたりってのはよく聞きますが、それを含め「食べ方」ってのは更に多様なものです。普段気にしていないだけに、一度気になると気になってしょうがないww

注)Kindle版
 

 作品中、他にも「つけ麺なぜたべる?」「トンカツのキャベツいつたべる?」「みかんの皮どうやってむく?」「焼き肉で白飯食べる?」などなど、話がありますが、個人的には「つけ麺なぜ食べる?」って話は非常に興味を持って読んだ。何故なら個人的に「つけ麺」は存在が謎だから!まさに疑問に少し答えてくれた気がするww

 ともあれ、食事の仕方・食べ方ってのは個人の育ちの一端が垣間見える。日本国内でも場所によって作法が微妙に違ったり、年代で意識も違う。国が変われば当然丸っと違ったりもする。

 すごく個人的な意見ですが「韓国人」の食べ方ってのが、すごく「嫌い」です。他国なのでこんなこと書いちゃあれなのですが、あの食べ方は生理的に受け付けません。あの食べ方がどの食べ方なのかというと「犬食い」というのでしょうか?置いた器に口を持っていく奴。後、これは日本人の作法にも関わりますが、左手を使わない。まぁ結果「犬食い」になるのですが、どうにもそういった食べ方は受け付けません。

 だからどうした!?という話なのですが、他人の食べ方ってのも人間観察の一つとしては、大きな題材なんだと思えました。

 漫画「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」面白いのでオススメです。

コミック版


【目玉焼きの黄身】食べ方に出る人生【 いつつぶす?】」への1件のフィードバック

  1. 実は完璧に火が入って固まった黄身のほうが好きな私に隙は無かった・・・
    いや隙だらけだけど
    昔、友人宅で夕食食べたとき嘴の使い方うまいと言われていい気になったもんだけど
    もしかしたら、食いまくるなよのけん制だったのかも知れんと思い至って後悔する今日この頃です
    ▼´・ω・`▼

コメントは停止中です。