サークルKサンクスの限定コラボ弁当「大須商店街・お好み詰め合わせ弁当」を食べてみたよ。

2013-02-18 20.15.52

大須商店街の魅力、弁当で-サークルKサンクス、コラボ弁当限定販売 – サカエ経済新聞

 ■ 最近コンビニ弁当を食べない生活をしていたせいで、気がつくのが遅くなってしまったが食してみました。

 

「開発にあたり、大須らしいということはどういうことかとあらためて商店街のみんなで考えた」と振り返るのは大須商店街連盟の中野浩幸さん。「大須は、老若男女、国籍問わず、さまざまなライフスタイルの人たちが多く集まる『ごった煮』のような街。食べ歩きのグルメ文化も根付いており『大須名物』もいくつかある。そうした賑やかな個性が、コンビニで販売する食品で表現できればと考えた」という。

 大須って場所は本当に多種多様なスタイルが詰まった、ちょっと変わった商店街ですから、一角だけを切り出して改めて見て見ると変な光景ってよく見かけます。

 今回買った弁当は

販売商品は、「李さんの台湾名物屋台」で人気の「ラージャン唐揚げ」をイメージした空揚げをメーンに、エビフライ、ナポリタン、肉団子、ひじきの煮物、シューマイを詰め込んだ「お好み詰め合わせ弁当」(525円)
このような内容のようです。

2013-02-18 20.16.40

真ん中に見える唐揚げが「李さんの台湾名物屋台」をイメージした一品のようです。人気の唐揚げそのものの味では無いようですね。

2013-02-18 20.17.10

唐揚げ3個にエビフライ・肉団子に人参のソテー

2013-02-18 20.17.03

焼売・サラダ・ひじき・煮卵。この一角は至ってコンビニ弁当w

2013-02-18 20.17.13

他のコンビニ弁当の付け合わせと比べると、少しオリジナリティのあるナポリタン。なんかちょっとだけ豪華でした。

サークルKサンクスは良くこういった「地域特有の企画物弁当・タイアップ弁当」をやるのですが、今回は大須商店街というちょっと異色のタイアップ。面白そうなので食べてみましたが、味の方は良くも悪くもいたって普通のコンビニ弁当といった感じが個人的な感想でした。もう少し特色濃いめでも良かった気がしますね。また何かあったら食べてみようと思います。