メインPCが壊れた件で得た教訓と対策

■ 前々から調子が悪く、トラブルが続いていたメインPC(windows7)が前回の更新の直後に壊れました。

「壊れた」というのは若干違いますね。正確には「不調にたまりかねてOSの再インストールを試みたものの、さらなるトラブルを招き一時復旧不可能となった」というべきですね。なのでハード的な損壊があった訳ではないので、現在は無事に再インストールを終えて、こうして記事を書くことができているわけです。

さて、何があったのか?元々メインPCは調子が悪く、急なフリーズや変なトラブルに見舞われていました。例えば、マルウェア感染の復旧後にwindowsログインエラーの頻発。対応後もログイン後に変なエラーが出るようになりました。他にもメインで使っているブラウザ「Chrome」のクラッシュ。何度も書きかけの記事が犠牲に・・・。

たまりかねてwindowsの再インストールを行ったのですが、再インストール後に何故かwindowsアップデートでエラー発生します。ここから地獄の始まりでした。エラー対処をヘルプ参照し実行するとwindowsアップデート失敗する事態になり、終いにはアップデートの再起動後、windowsが起動しなくなりました最悪です。

そこで前回は上書きインストールだったので、今度は完全クリーンインストールを試みることに。windows7のインストールディスクからHDDのフォーマットをし再インストール!の前に、もしかしたらメモリがおかしいのかもしれない?windows7のインストールディスクに付属のメモリチェックを実行、エラーなし。よかった、再起動・・・ブートマネージャーエラーでインストールディスクが動かない。何をやってもエラー画面にたどり着き動かない!

この時点でイライラMAX!!

そしてこのイライラで更なる悲劇が・・・

内蔵のBlu-rayドライブから動かないなら、外付けのDVDドライブから動かしてやる!とUSB接続のドライブを刺して起動。そして念のためにHDDを再度フォーマット!

何か変な気がしてよく見たら、ドライブレターが変わってて「2007年からのデータが詰まった別ドライブ」をフォーマットしてしまってました・・・orz
もうね、なんかショックで下痢したよ(マジで)。

その後、再インストールを決行すると変に時間がかかる。そこでほったらかして寝たのですが、その後なんと18時間たっても再インストールが終わってない。

ここで原因を確信しました、原因はOSインストール先のHDDです。

正直、友人にSkypeで「HDDじゃね?」と言われていたのですが、その時は最初の上書きインストール時で普通に動いてたんですよ。全く疑いの余地もなく動いてたので友人の意見を否定し再インストールしてたのですが、さすがに再インストールが18時間かかっても終わってないとかあり得ないでしょ?

ここで教訓、トラブルの原因、疑わしき時は友人の意見も素直に聞いて、対処候補にしよう。

部屋に転がっていたネットブックをSSDに換装した際に余ったHDD(Blu-rayプレーヤーで動画見るために使ってた)をメインPCにつないで再インストールしたら40分程度で完了・・・今までの苦労は何だったんだと・・・。

今回のトラブルで自分個人として得た教訓は以下。

  • 友人の意見は必ず参考にする。
  • データドライブは内蔵HDDじゃなく外付けHDDにする。
  • OSは単独ドライブで「もしも」の時を考えてLinuxもインストールしておく

 前からデータは内蔵別HDDにしてたけど、まさか手違いで消してしまうとは思ってませんでした。MS-DOS時代からPCいじりだし、自作PCを趣味としてやってきてた無意味な自信いや過信もあったのでしょうか?PC不具合の要因ってのはハード的な故障の他は大抵ヒューマンエラーです、判っていたのに今回データ無駄にぶっ飛ばした。反省しきりです。

 途中あまりに再インストールがうまくいかず、友人に思わず「windows糞だからもうメインでは使わない!」なんて愚痴を言ってしまいましたが、要因を見つけきれなかった自分の不手際です。MSさんごめんなさい。再インストール終わったら順調快適です!もうそんな酷いこと言いません!!windowsを信用してLinuxをサブにしっかり確保しておきます(ぇ)。

そんな訳で、トラブル続きでしたが、やっと環境が戻りエロ動画を見れるまでに・・・もといblog記事かけるまでに復旧しました。皆様もトラブル発生時は、まずは落ち着いて!そして友人の意見にも耳を傾け、大事なデータは外付け別ドライブにしっかり待避させてから再インストールしましょうね!