ハゲと憂鬱と丸刈りと

 ■ 突然ですが、私は禿げてます。

 いきなり何言ってるんだ?このハゲ!だって?禿げてるモンは禿げてるんだからしょうがない!

 で、いきなりの無駄なカミングアウトがなんだって?いやね、なんてことは無いのですよ。

 私のハゲは言わば「先祖代々から伝わる遺伝」的なもので爺ちゃんも親父も禿頭だったので、20代後半近くなった時点で禿が目立ちだした時点でありのままを受け入れました。それまで無駄にロン毛にして長州力やって遊んでたりもしたのですが、実際は髪にハサミを入れるという行為が苦手で散髪に行ってなかっただけなのですが、まぁ30代に入ってからは正直「髪が伸びると見てくれがみっともない」ので「丸刈り」がデフォルトの髪型になってます。

 「丸刈り」というのは今の時代はどう受け取られるのでしょうか?昔なら「悪い子としたら丸刈り」という日本イズムであまり良い印象がありませんでしたね。

 実際丸刈りにしている身として、まず毎度毎度「丸刈り」にした次の日の周囲の反応は「お!なにやったww」という定番の煽り文句が第一声ですね。その次に多いのは、コレは私の見た目から「小坊主」という言葉が聞こえてきます。アレです、「五厘(0.8ミリ)刈り」で丸刈りにするとほぼ確実に言われます。大抵男性の丸刈りってのは「怖い」印象の容姿になるそうですが、どうも私はどうしても「小坊主」になってしまうらしい、ぐぬぬ。

 まぁ個人的容姿の件を差し引いても、ほど大抵の方からは「スッキリしたね!」「なんだかんだで似合ってる」など悪い印象は無いようで最近は安心してたりもします。

 もっとも、男性職場だったので20代後半過ぎてから女性の意見なんて聞いたことはありませんけどね、女性が見たらどんな印象を持つのだろうか?

 町中の男性を見ていると、禿頭(薄毛)ってのは意外と多いのです。かなりの数の男性がそれを気にして悩んでいることでしょう。なのに!それなのに!言ってしまえば「禿散らかした」まま世間を闊歩しちゃっている男性諸君が多すぎる。正直みっともないと思えないのか?だらしなく見えてしまうのは大きな損をしていると私は思うのです!

 特に「オタク」の「ハゲ」は最低ですね。「デブ」でも「ガリ」でも身長が高かろうがチビだろうが!服装センスが良かろうが悪かろうが!禿げていると言うだけで「だらしなく見える」。コレは大きな損失です、人類の損失です。特にハゲに対して風当たりの強い日本イズムだけが定着してしまっているこのジャパンでは!!

 そう、私は言いたい。薄毛やハゲで悩む男性諸君よ!丸刈りになれ!スッキリしろ!ハゲの呪縛から解放されるべきだ!

 TVCMで薄毛やハゲを食い物にする「スカルプ系シャンプー」や「○ーブ21」に騙されてはいけない!その努力が実を結ぶ確率は4割もあれば良い方だ!

 だいたいハゲの原因は何だ?私のような「遺伝」の他は自己管理責任と環境からの影響でのハゲだ。ハゲが気になってからスカルプシャンプー使っても駄目なのだよ、そしてスカルプシャンプーだけでも駄目なのだよ!根底は食生活だ、そのレベルからの生活改善で初めて効果があるのだから、コンビニ弁当大好きな現代日本人には無駄な努力なのだよ。

 そう、そんな努力より丸刈りに、もしくはそれに見合った髪型にするのがベストで賢い選択だと推奨したい、スカルプシャンプー使ってるからと汗をかけばバーコードになるような頭を晒すのはある意味罪である。

 強く言いたいのは普段から容姿を気にしてないと開き直ってる種類の人間だ!君たちは鏡を見たことがあるのか?!鏡から逃げて生きていないか?ミラーワールドに引きずり込まれる定めを背負ったライダーならともかく、鏡から逃げても女は寄ってこないぞ!それでも良いって?いいのか、そうか。ならばしょうが無い。だがしかし、服装はどうにでもなっても髪型は禿はそれだけで印象悪いんだ。日本社会とはそんな場所だ、冷たいのだよ。だから同志諸君よ!せめて、せめて髪型だけは気にしようぞ!いっそ丸刈りにすることを進める。

 
そう、オタク丸刈り化計画である。

なんて、言わない。

ただ、丸刈り楽よ。この季節猛烈に寒いけどさ。でもニットキャップがジャストにフィットするから大丈夫!暖かいよ。それに頭皮ケアも楽よ!清潔感保てるし!

そんなわけで、丸刈り万歳!丸刈りに市民権と暖かいニットキャップを!!