TRAVELER’S notebook

■ 日記用にモレスキンを使っていました。

モレスキンのポケットサイズを使っていたのですが、どうも日記としてだけ使うには微妙に勿体ない気もするが、日常の事を落とし込む使い方するには個人的に少しサイズが小さい。数冊使い分ける使い方ってのは性に合わないらしい。はて、どうしたものか?とか最近考えていました。

個人的に求める要求はもう少し大きなサイズと自由な使い方が出来る事。何か無いか?とネット探していると「TRAVELER’S notebook」と言うノートに出会いました。

中身見てみるとノートと言うよりは革カバーにリフィルノートを挟み込むタイプのシステム手帳チックな使い方。ただビジネスチックな手帳に比べると格段にラフで「カスタマイズして楽しむ」という男心くすぐる楽しみ方の方が強い!と言う事でミーハーながら入手して使い始めてみたのです。

取りあえず、中身の方は最初買ったときに付いてきてた「無線ノート」に追加で「クラフトファイル」「ジッパーケース」「罫線ノート」と「 ペンホルダー<M> 茶 」を追加。バンド用のゴムには前にハンズで買った「「幸せの為の5つの簡単なルール」のメダルを全部通してみた。見た目的なカスタマイズはまた色々試していきたい。

◇Remeteor.net » Lucky Medal

それにしても思った以上に人気あるらしく愛好家がかなり居るらしい。こういうグッツでワクワク出来るって良いね。

◇トラベラーズノートを愛でる会
◇トラベラーズノート♡いろいろな使い方 – NAVER まとめ

「TRAVELER’S notebook」個人的に気に入った点はリフィルの使い勝手が自由な所と紙の質にもちゃんと拘ってる点。自由度の高さは他の手帳でも当たり前にちゃんとしていて要は使い手次第なのだけど、モレスキンのようなハードカバー系は「それ専用」には向いてるが「何でもかんでもごった煮」的な使い方には向いていない気が、個人的に強くしていた、抵抗があったと言った方が正しいのか。その点「TRAVELER’S notebook」はリフィルの追加・交換で色々対応できる。

紙の質も良くて愛用してるLAMYのSafariとの相性も良い。色々見ているとSafari使ってる人かなり居るんだね。万年筆はTRAVELER’S notebook用にSafariかAL-Starをもう一本欲しいところ。

サイズ的には手帳としてみると大きな方だと思う。比較用に単行本「テルマエ・ロマエ5巻」を置いてみました。

判りづらいので、A4の用紙を横にしてその上にTRAVELER’S notebook置いてみた。A4用紙三つ折りで収納可能。

革の表紙なので普段持って歩いていると良い色になるんだろうなぁ、個人的に出来るだけ身の回りの物は革製品にして長く丁寧に使いたいと思っていたので、そういった考えともマッチしてこれからが非常に楽しみだ。

2006年位に買った革の財布、手入れもせずに使ってますので色が余り良くありませんが一向に壊れる気配が無いです、後で何か手入れの方法でも探そうかな。