2012春アニメ

■ 今期のアニメは期待度が高い。けど年始早々に「ステマ騒動」勃発で有名アニメ情報系ブログに対してのイメージが悪くて残念だ。とにかくアニメは「見て」個人的に楽しめれば「良いコンテンツ」として個人の意見をぶちまけるのが「楽しみ方の一つ」なので見た作品ぶちまけていくよ。

偽物語

たぶん今期人気ナンバーワン作品なんだろうなぁ。嫌でも期待してしまうし第1話見た限り期待を裏切らない作りに安心した。安定の変態度のアララギコヨミに敬礼w

キルミーベイベー

OPが頭から離れないw とってもプレーンなギャグアニメなイメージ。プレーンすぎて面白味に欠けるとかソーニャちゃん可愛いとか今後に期待できそうだなぁとかベイビープリーズキルミー。

輪廻のラグランジェ

今期のダークホースになり得るか?日産デザインのロボットは賛否分かれそうだけどなかなか面白そうだし、最近元気が無かったロボットアニメ系に勢いを作ってくれそうな感じが「まる!」

アマガミSS+

前作で終わりじゃ無かったの?!しかもいきなりリア充スタート!殴る壁を用意しなきゃいけない。

戦姫絶唱シンフォギア

個人的な感想としては面白いけど「継ぎ接ぎ感」が強い作品だと感じた。その原因は演出のあり方が過去の有名作品の二番煎じの総特集的印象を強く受ける「詰め込みすぎ」な所からだろうか? なんかこう現存アニメのパクリっぽいイメージを彷彿させてしまうところがあるのは残念だよね。

第一話としての感想はこれから「期待せざろうえない!」勢いがある話だったので注目していきたいとは思ってるけど、オリジナリティ突飛しないとどこかで急減速しそうな感じが怖い。

『戦姫絶唱シンフォギア』の企画経緯wwwww「ライブとアニメが融合した作品はヒット作になりうる」|やらおん!

『涼宮ハルヒの憂鬱』や『マクロスF』『けいおん!』などのライブシーンが話題となった作品が続々と出てくることを受け、 「ライブとアニメが融合した作品はヒット作になりうる」という確信の基に上松は企画を固めていったという。ただしこれら既存の“アーティストを主役としたライブシーン”とはまったく違った演出、“会場が一体となったライブシーン”を本作では提案したいと述べている[2]。

誰が編集したWikipedia記述だか判らんが、上記が確かな情報で某アニメブログを真に受けたとするとイメージ良くないね。「マクロスシリーズ」が何故ライブシーンで盛り上がり売れた作品になったのか?それは過去の作品の歴史があるからであり、更には作り手側の情熱が見る側に伝わったから売れたんじゃ無いか?「涼宮ハルヒの憂鬱」のライブシーンも原作人気の勢いと京都アニメーションの作りの良さあっての盛り上がりだったろうし「けいおん!」は題材事態が音楽であり、やはり原作・京都アニメーションの人気があっての盛り上がり方だったんじゃ無いかと思う。

「ライブとアニメが融合した作品はヒット作になりうる」

これは作品を売るためのヒントじゃ無く、本来は「アニメファン、視聴者と作品の盛り上がりを共有できるポイントの一つ」と捉えるべきだろうと個人的に感じる。これはマクロスシリーズが好きな自分が過去に達した一つの答えだったりもするんだが、このアニメも過去の大作に負けず劣らずの作品になってくれたら良いなぁとか思うよ、そしてこの作品の原作でプロデューサーさんは音楽プロデューサーさんらしいのでアニメの音楽演出を色々模索して欲しい。

と、あえて釣られてみたがどうでしょう?(なにが?

アクエリオンEVOL

河森監督テイストがしっかり詰め込まれてるのが確認できたので、もう何も言うことが無い。ライブシーンってのは歌のライブだけがライブシーンじゃないと言うことを近年の河森作品は見せてくれるよね。

男子高校生の日常

これはスクエニ&サンライズ製の銀魂ですね?しょうも無いギャグアニメ枠は決まったなw

あの夏が待ってる

ネットでは「お願いティーチャーだww」とか言ってるので見てみたら確かに「おねてぃ」でした。無駄に期待度が高くなってしまったのですが、とりあえずニヤニヤ枠になって欲しい。

パパの言うことを聞きなさい

ロリコン歓喜のシュチュエーション!?エンディング聞いてたら何故か「お兄ちゃんのことなんか全然(以下略」を思い出したのは声優さん繋がりでしょうね。何にせよ変態紳士として歓迎すべき作品なんだろうな。いや、おれは普通ですけど普通。

とりあえず見たのはこれだけ。これでも今回自分としてはかなり多い方なんですよ、それだけ期待度が高かったと言うことでしょうか?そして意外な作品も含めて今期は豊作な予感です、胃もたれしないように気をつけつつ楽しんでいきたい!