DigitalCamera

 ■ 気が付けば、手持ちのデジカメ「キャノン IXY DIGITAL 10」も発売は2007年。当時3万くらいで買った気がしますが、常用と言う事でかなり使ってますから最近挙動が多少ギコチナイ感じもしてきて「そろそろ一台買うべきかな?」とか考えてました。

 最近のコンデジ事情ってのを調べてなかったのですが、少し見てみると2007年くらいのスペックはローエンドモデルでとうにクリアされており、どちらかというと付加機能を売りにしたモデルが多い感じがします。

 画素数なんてのは1000画素以上が当たり前のようですが、実質700超えた辺りから画素数で画質が決まる時代は終わり、メインエンジンの質やセンサーの質で変わってくるようになったようで、各社色んなアピールをしはじめました。

 じゃ、写りは普段撮りなら「どれ買っても」似たり寄ったりなんでしょ?それじゃ安くて適当なの一つ買おう!

 と言う訳で「ペンタックス Optio RS1000」をアマゾンでポチりました。
 この機種選んだ理由は価格が安い。中身一緒で外側が違う「Optio NB1000」は価格が更に安いが別にナノブロックで遊ぶ必要が無いので多少値段が上がるけど前者を選ぶ。あと、ポチって置いてアレですが、「着せ替え」とか別にどうでも良いです、映れば良い映ればww

 なんか、後継機種で最近「Optio RS1500」ってのが出たのですが、スペック見るとほぼ丸っと「Optio RS1000」と同じなんですよね。外の側の取り付け方法やデザインが変わっただけにしか見えない。ペンタックスさん、それちょっと手抜きじゃ無いか?

 そんな訳で届きましたら「開封の儀」いきます。