【映画】アイ,ロボット【DVD】

 【作品】アイ,ロボット
 【ジャンル】SF、ロボット、アクション、サスペンス
 【公式サイト】http://movies.foxjapan.com/irobot/
 
 ◇名古屋は栄の「カレーのチャンピオン名古屋店」でカレー食ってる時に店内設置の液晶で流れてて、カレー食いながら30分程見たので内容が気になってた作品w
 ロボット3原則とかハイテク嫌いの警察とか出てくる「SFの古典」を色々足して作ったような作品。
 ロボット3原則があるので、人間に絶対に害をなさないのが常識な2035年のシカゴ。ロボット産業の大手(作品中では唯一の企業で産業を独占してる)USR社の博士が本社ビルで飛び降り自殺する所からストーリーが動き出します。
 博士は自殺と同時に過去に縁があった知り合いの刑事「スプーナー刑事(ウィル・スミス)」に連絡を送り、捜査させる。ロボット嫌いの刑事は捜査の中で博士のラボにあった(居た)新型ロボット「NS-5」に遭遇。そのNS-5はロボット3原則を守らず自分の意志で動いていた。容疑者としてそのNS-5を捕まえるとNS-5は自分を「サニー」と名乗り人間の感情のような行動を取る。
 博士の死を捜査していくうちに、博士の残したメッセージが明らかになっていくと共に、事態は急転し始める。
 
 見終わった感想なんですが、軽くネタバレすれば「ターミネーター」ですね。機械が意志を持ち行動する。後半から最後まではスカイネットとターミネーター軍団を思い出させます。確かターミネーターの世界でもロボット3原則があった気がしたけどどう扱われてたっけ?
 気軽に見る映画としては申し分ない満足さがあります。深く考える焦点は「ロボット3原則」のみで後は考える必要が無いライトサスペンス&アクション。一応友情的感動もあるのか?
 作中に「アウディのコンセプトモデル」や「オールスターの靴」なんか出てきてそっちに目がいくかもしれませんねww
 あと、途中ででてきた猫がとても可愛いです♪
 勝手に星付けすると、気楽に見れてさくっと楽しめるSF古典は☆3個半かな。
  
 
 

アイ,ロボット [DVD]
DVDアイ,ロボット [DVD]

posted with All Consuming at 2009. 8.15
by アレックス・プロヤス / ウィル・スミス, ブリジット・モイナハン, アラン・テュディック, ジェームズ・クロムウェル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008-10-16)
定価: ¥ 1,890
アイ, ロボット [Blu-ray]
by アレックス・プロヤス / ウィル・スミス, ブリジット・モイナハン, アラン・テュディック, ジェームズ・クロムウェル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008-05-30)
定価: ¥ 4,935

 
 
 


 
   
 このレビューはK@iの個人的感想で勝手に☆5段階評価をしてますが、なにせ個人的主観からの感想なので、参考になるかどうか?は他のレビューサイトやアマゾンの評価なども参考にして下さい。
 とは言うものの、映画やDVDは実際に見てみるのが一番ですよ。
 
 


【映画】アイ,ロボット【DVD】” への2件のフィードバック

  1. ▼・ェ・▼>感情を持たないロボットが、自己犠牲の精神を持つことに感動を求めると悲劇になりますが、アイロボットのサニーは綺麗に生き残りましたw

  2.  ガキの頃見たTVだと意思を持った機械ってばたいてい悲劇的なラストが待ってたんだよなぁ…キョーダインのラストシーンとソレに続く大鉄人17のラストシーンとか、特にキョーダインは凹んだ。

コメントは受け付けていません。