【映画】ミスト【DVD】

 
 【作品】ミスト
 【ジャンル】SF・モンスター・サスペンス・スリラー
 【公式サイト】http://www.mistmovie.jp/
 
 ◇
【これまでのあらすじ】
         ____
       /      ?  カタカタ
      /  ─    ─?  「何の予備知識も知らずに見たらモンスターパニックで焦りましたよ」……っと
    /    (●)  (●) ?
     |       (__人__)    |   ___________
     ?      ` ⌒´   ,/  | |             |
    ノ           ?  .| |             |
  /´                     | |             |
 |    l              | |             |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_
 レンタル店で前に話題になってたコーナーから適当に選んだ「ミスト」。
 パッケージも適当に見ててせいぜい「スティーブンキング原作」「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」の売り文句だけしか見てなかった。
 この作品はかなり両極端に評価が分かれます。それはもう見る人の切り口で真っ二つですよ。
 まずはこちらの二つのレビューの評価を見て戴きたい。
 超映画批評『ミスト』90点(100点満点中)
 ミスト @ 映画生活
 
 作品自体は秀作です。さすがにスティーブンキング原作だけあって濃い内容になってます。悪い意味でもスティーブンキングで、彼の作品に出てくるクリーチャーってのはどうも映画化すると違和感がある。心理描写が上手い作家なんでクリーチャーが出ると、人間の内面を見ればいいのか?クリーチャーとの戦いを見ればいいのか?視点の置き場に迷ってしまうからかもしれないけど・・・話が逸れました。
 売り文句が「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」だけあって、確かにコレをオチにやってのけたのは震撼せざるえない。ですが、見方によっては「クソ作品」と言われてもしょうがない。「漫画のオチで最低なのが夢オチ」と言われてますが、それと紙一重のオチをラストに持ってきてます。
 そのラストでかつ絶賛する人が居るのは、ラストに突入するまでが優秀だからですよ。ラスト突入前がもしグダグダだったら「史上最低」の名前を欲しいままにしていたでしょう。
 
 さて、ここからはあくまで個人的感想・・・
 俺はこのラストはクソだと思う。見終わったとが不快だ。確かに先にも書いたが「コレをオチにやってのけたのは震撼せざるえない」
 映画の全てにハッピーエンドは必要ない。この映画も衝撃という意味ではしっかりやってくれた。でも後味悪い映画ってのが個人的に苦手なんですよ。
 だから勝手に星付けるのが難しいw
 個人的感情を考慮したら☆2個半だけど、映画作品として見たら☆4個は堅いんだよ、そんな作品です。
 個人的にレンタルで良かったと思う、映画館で見たらもっと悩んでいただろうww
 スティーブンキング作品をコレクションしてる人はDVD買うと幸せかもしれませんが(ラストは脚本家がかきかえてますから原作とは違います。)ブルーレイで買う程かどうかは微妙だと俺は思います。
 
 

ミスト [DVD]
DVDミスト [DVD]

posted with All Consuming at 2009. 8.14
by トーマス・ジェーン, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ローリー・ホールデン, アンドレ・ブラウアー, トビー・ジョーンズ
ポニーキャニオン (2008-09-17)
定価: ¥ 3,990
ミスト [Blu-ray]
DVDミスト [Blu-ray]

posted with All Consuming at 2009. 8.14
by フランク・ダラボン / トーマス・ジェーン, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ローリー・ホールデン, アンドレ・ブラウアー, ネイサン・ギャンブル
ポニーキャニオン (2009-09-02)
定価: ¥ 4,935

 
 


 
   
 このレビューはK@iの個人的感想で勝手に☆5段階評価をしてますが、なにせ個人的主観からの感想なので、参考になるかどうか?は他のレビューサイトやアマゾンの評価なども参考にして下さい。
 とは言うものの、映画やDVDは実際に見てみるのが一番ですよ。
 
 


【映画】ミスト【DVD】” への2件のフィードバック

  1. ▼・ェ・▼> 海外の映画監督が日本に来ると、モンスターや怪獣が文化レベルで根付いてることに驚くそうです。だから逆にハリウッドではモンスターでも怪獣(ゴジラガメラウルトラシリーズ等々)のようなモンスターの出る映画は作りにくくて、モンスター=現実的なモチーフがある物(虫やイカタコ魚介類)になってしまうとか。スティーブンキング作品は意外と面白いですよ、オチで外すことが多いけどw

  2.  キングモノは「痩せる男」ぐらいしか見たこと無いけど…というかその手の映画ってあんまり興味が無いんだ。
     痩せも、同時上映のスタトレ・ファーストコンタクトのついでに見たようなものだったんだけど。
    でも…痩せの各シーンなりけっこう刻銘に覚えてるけどスタトレは冒頭5分しか記憶に無いような…アレレ。
     私の世代っていい意味でも悪い意味でもウルトラやライダーのおかげで、怪奇物とかホラーやサスペンスといったものが安くあがりになるのって慣れてるせいか夢オチより人類革新とか新世紀到来とか言う壮大なラストにドンびいちゃうのであった。

コメントは受け付けていません。