住民基本台帳カードを申し込んできてみた。

 「身分証」というと一般的には「運転免許証」や学生なら「学生証」ですが、K@iは運転免許なる物を取得していません。よって「身分証」と言えば「健康保険証」もしくは「住民票」と言う選択になります。
 ですが、やはりこれは不便です。そこで公的身分証になるという「住民基本台帳カード(写真付き)」を納税ついでに発行して貰いに地元「市役所」に行ってきました。(今の仕事辞めたら4月には住んでいるかどうか判りませんがw)
 実は、約7年ほど住んでいますが「市役所」に行くのは初めてでした、いつも近くの出張所で納税も住民票の取得も済ませていましたから。
 初めて「市役所」なる場所に行って最初に思ったのは「継ぎ足し構造で改築したみたいで、部署が判りにくい建物だ」ということ。地元企業は天下のト○タ系企業グループがひしめき合ってるので、発展しまくったんでしょうね。ままそれは置いておいて、本題へ。
 「住基カード」作成に必要な物は、あらかじめ「総務省・住民基本台帳カード」を見てから行きました。K@iの場合は「顔写真」のみを持参。身分証がないので身分証を作るのに身分証が必要というジレンマもありますが、身分証がない場合も「郵便による本人照会」で作製することが出来ます。
 まずは「市民課」に行き窓口で「住基カードを作りたい」と言うと、「身分証になるタイプ(写真付き)ですか?」と聞かれました。更に「確定申告などで使える機能は付けますか?」と聞かれました、これは後からでも追加できるそうなので、取りあえず身分証として使えればいいと伝え、機能は後で追加することにしました。
 それから「住民基本台帳カード交付申請書(窓口にあります)」に説明を受けながら「必要事項」を記入。顔写真と一緒に窓口に出すだけ、あら簡単!
 今回は「郵便による本人照会」と言う事で、郵送で確認書類を受け取り、それに記入し再度窓口まで提出しに行く形になります。照会確認書類は発行から一ヶ月間有効だそうで、その間に取りに行けば「住民基本台帳カード」の発行となるそうです。(発行手数料がかかります。)
 さて、申請は終わりましたし後日「照会確認書類」が届いたら窓口に行こうと思います。ちなみに市内なので確認書類は「ほぼ即日」配達されてくると思いますので、窓口の開いてる金曜辺りには取りに行きたいですね。
 
 
 


住民基本台帳カードを申し込んできてみた。” への2件のフィードバック

  1. exec-R> そんな貴方に「住基カード(写真付き)」! そう言えば印鑑登録もしておくべきなんだろうな。住基カード取りに行ったらしてこよう。同市内なのに郵送が遅れるのは役所側が発送忘れたとか?最近の郵便は正直信頼より不安が大きいからなぁ、郵便屋のせいかな?証明書って必要な時は急なので常備しておくべきなんだ、普段使わないからこそさね。

  2. こんにちは、同じく運転免許を持っていないのがやって来ましたよ。
    自分は印鑑登録をしに行き、免許証が無いばかりに家に確認書類が届けられることになったのですが、
    こいつが市内なのに届くのに3日かかったという有様でした。
    ほぼ即日届くなんて期待してはいけませんぞ。
    しかもすぐに使うという話で登録をしに行ったのに、登録後2月たった現在も必要とされておりません。こういうものでしょうか。

コメントは受け付けていません。