TBSと朝日をオタクは信用して良い物か?

▲【動画あり】TBS「アッコにおまかせ!」の初音ミク紹介が酷すぎた件。より
 

初音ミクの可能性についてはほとんど触れずオタクをバカにする流れにもっていく編集でしたね。ミクが歌っているシーンがあまりないし、開発元クリプトンのインタビューも怪しすぎるし。それでいてOtomaniaさんが作った作品は放送されていなかったそうで。

TBSはここ最近、いや、前からだが・・・何をしたいのか判らない?
選挙・ニュース・亀田・オタク批判的番組・・・・・
唯一マシなのはアニメであり、それはオタクをターゲットにしてるのだが、何故?そのオタクを、オタク的文化を非難中傷し叩く必要があるのか?


オタクから絞るだけ絞り取れ!
結果的に視聴率でも、副作用的に入ってくる収入でも「オタクから取れ!」という方向性なんだろう。
オタク叩いて話題になれば、勝手にオタクが騒いで結果的に宣伝効果にもなるし、騒ぐ方が悪いんだ!と言いたげだ。
TBSに限らず、こういった傾向が日本の放送局の中にはあると思う、それはビジネスだからしょうがないことでもあるが、同時に信用も落とすと言うことを判っているのだろうか?
個人的にニュースTBSと朝日系は出来るだけ見ないし、見ても同じニュース記事を他局やネットなど、別のソースで一度確認するようにしてます。
だって、TBSと朝日系は信用できないもん!!
まぁ、日テレでもフジでも同じ事が言えますがね。テレビ東京系はニュースはまともな方だと思う、「経済」関係が関わってるので「ウソ」=「即破滅」に繋がるから。そしてオタクにとっても優しい局ww
でも、バライティ番組だと、制作会社によってはオタク叩きてき内容になるね。
叩く=ネタになる。この構図って安直すぎじゃない?制作会社の底が知れるよな、それ以外のアイディアで勝負できないんだから。
只、残念なのはオタクの中にも「ネタ」になることを無条件に「良し」とする人が多いこと。
この場合、「無条件」ってのがキーワードで、それが「質の悪い悪乗り」であっても、区別が付いてない奴も多々居る訳で、それがメディアのオタク叩きを増長させてる原因でもあると思う。
いずれにせよ、他のオタクに迷惑になることは辞めて欲しい、それと放送局はオタク=ネタじゃなく、そこから派生する良い部分を救ってほしい。
今回の「初音ミク」に関しても、あの技術は相当凄い物であり、それを遊びや趣味でも使いこなし創造する人達は「無駄な才能」かも知れないが相当凄いのである。
「初音ミク」がもたらした経済効果はどれくらいの物か?クリエイターの卵の明るい未来がどれだけ眠っているか?情報番組なんだから、そう言った情報をしっかりとすくいだして提供して欲しい。
俺は「アッコにおまかせ」嫌いじゃないんだから絶望させないでくれ。


TBSと朝日をオタクは信用して良い物か?” への2件のフィードバック

  1. exec-R氏>
    ういーす、何とか復活したよ。MT4テンプレートイマイチ理解できてない部分もあるが、これからちょくちょく弄るよ!
    TBSに関してはアレなのでアレです。
    初音ミクは成功例だが、実は同じボーカロイドのシリーズ結構出てるんだよな、あまり話題になってないが・・・w
    1万6千円と高価なソフトだが、つい手を出してしまいそうな魅力は十分あるよ、ここからDTMはじめる人も意外と居るかも知れないよね。
    アフリカはオタクが住むには酷な地か・・・・w

  2. 遅ればせながら、サイト再開おめでとうございます。
    朝日とTBSがアレなのは、日常茶飯事なのですでに諦めてます。
    いろんな報道の仕方を検証するため、一応ニュース23は見るけど、結局ワールドサテライトに移動しちゃうんだよね。部屋のブラウン管まるまる占有するんだから、面白い方がいいじゃないですか。
    「初音ミク」だけど、曲がりなりにもDTMをかじって居た身にはかなり興味深いですね。
    実はこれ、またどっかのわけの分からんアニメのキャラがモチーフになったMAD音楽作成ツールかと思ってたんですが、仕事中に初音ミクの声でMSXの昔のゲームの音楽(グラディウス2)を鳴らすやつで興味を惹かれて、他にニコニコに上がってる、本来あるべき用途の歌ってるやつを見て、単純にびっくらこきました。
    年月が経てば、もっと自然な発声ができて、PC単体で歌すら作れるのかと誰でもしそうな妄想すらさせてくれます。
    自分もオタの類ではあるけれど、ああいうのがニガテなオタなので購入とまでは行きませんので、無駄遣いする程に才能あふれる皆さんが作り上げた作品群を鑑賞してニヤニヤする事にしてます。
    オタ叩きは「アフリカではよくあること」なんでもう食傷気味です。勝手にしてください。

コメントは受け付けていません。